富山県環境科学センター
 
業務紹介
研究内容
環境行事実績
環境改善活動
環境とやま
TESC・年報・所報
ビデオライブラリ
交通案内
リンク集
 
おすすめ情報
大気汚染緊急時情報
県内の光化学オキシダント注意報等の発令状況を表示します。

大気汚染速報
県内の大気汚染常時観測局26局から送られてくる最新の測定結果(速報値)を表示します。

環境放射線モニタリングシステム
県内の環境放射線データをリアルタイムに表示します。

そらまめ君(大気観測)
全国の大気汚染測定結果(速報値)と光化学オキシダント注意報等の発令情報の最新1週間のデータを地図でみることができます

はなこさん(花粉観測)
中部地域や関東、関西、中国・四国地域の花粉飛散状況を地図と表、グラフでみることができます。

ライダー(黄砂観測)
当センターの屋上に設置され、黄砂の飛来状況を自動観測している装置から発信されている観測データを見ることができます。

海のカレンダー(海洋観測)
人工衛星を使って海表面の水温や、海中の植物プランクトン(クロロフィルa)の観測結果を見ることができます。
 
地下水位常時監視データ
県内4ヶ所の観測井について、1時間毎の地下水位データ(速報値)をみることができます。
 
 
所長あいさつ
沿革
組織と業務
大気課
水質課
生活環境課
所長あいさつ

環境科学センターの5つの取組

 私たちが健康で文化的な生活を送るためには、大気、水、土壌等の環境の自然的構成要素が良好な状態に保たれる必要があります。
 富山県環境科学センターは、快適で恵み豊かな環境を保全及び創造するため、大気汚染、水質汚濁等の状況を監視するとともに、工場・事業場等への立入検査を行っています。当センターの主な業務は、次の5つに分類できます。

@  環境調査業務では、大気汚染、水質汚濁等に関する環境基準の適合状況を把握するほか、環境放射能、地下水等の調査を行っています。
A  監視・指導業務では、大気汚染防止法、水質汚濁防止法等に基づき、工場・事業場等の規制基準等の遵守状況を監視しています。
B  調査研究業務では、『循環型社会の構築』、『地球温暖化の影響』等の地域から地球規模に至る広範で複雑化する環境問題に関する研究に取り組んでいます。
図 環境科学センターの業務概要
C  環境学習業務では、県民が環境保全について関心を深めるとともに、環境保全活動を行う意欲が増進されるように環境情報を適切に提供するとともに、学校等へ講師を派遣しています。
D  国際環境協力業務では、県が友好県省を結んでいる中国遼寧省との間で、大気汚染、水質汚濁等に関する調査を行うとともに、技術研修員の受入及び専門技術員の派遣を行っています。

 当センターは、これらの業務において相互の連携を図るとともに、必要な情報の幅広い収集、結果の多面的な解析及び適切な評価の実施のもとに、業務の効率的かつ効果的な実施に努めています。
 今後とも、環境汚染の未然防止を旨とし、県民ニーズを踏まえた業務に取り組み、県民の健康で文化的な生活が確保されるよう尽力してまいります。

(富山県環境科学センター所長 浦 田 裕 治)

 
Copyright (C) 2006 Toyama prefectural Environmental Science Research Center . All Rights Reserved