富山県環境科学センター

業務紹介
研究内容
環境行事実績
環境改善活動
環境とやま
TESC・年報・所報
ビデオライブラリ
交通案内
リンク集
 
おすすめ情報
大気汚染緊急時情報
県内の光化学オキシダント注意報等の発令状況を表示します。

大気汚染速報
県内の大気汚染常時観測局26局から送られてくる最新の測定結果(速報値)を表示します。

環境放射線モニタリングシステム
県内の環境放射線データをリアルタイムに表示します。

そらまめ君(大気観測)
全国の大気汚染測定結果(速報値)と光化学オキシダント注意報等の発令情報の最新1週間のデータを地図でみることができます

はなこさん(花粉観測)
中部地域や関東、関西、中国・四国地域の花粉飛散状況を地図と表、グラフでみることができます。

ライダー(黄砂観測)
当センターの屋上に設置され、黄砂の飛来状況を自動観測している装置から発信されている観測データを見ることができます。

海のカレンダー(海洋観測)
人工衛星を使って海表面の水温や、海中の植物プランクトン(クロロフィルa)の観測結果を見ることができます。
 
地下水位常時監視データ
県内4ヶ所の観測井について、1時間毎の地下水位データ(速報値)をみることができます。
 
 


平成18年度富山県環境科学センター研究課題外部評価について

1 目的
 県の試験研究機関においては、「富山県試験研究機関研究評価の実施に係る指針」に基づき、 平成16年度から研究課題評価制度を導入しており、客観的かつ透明な研究評価を行うことで、研究の効率化や研究開発等の活性化を図るとともに、 社会的要請に基づく試験研究活動を行っています。
 環境科学センター(以下「センター」という。)では、本指針に従い、 「富山県環境科学センター研究課題評価実施要領」(以下「要領」という。)を策定し、外部からの専門的・客観的な意見を 取り入れるための研究課題外部評価委員会(以下「外部評価委員会」という。)を開催しています。
  平成18年度に行った研究課題評価の概要及び評価結果は以下のとおりです。

2 外部評価委員

委員名

役職等

備考

川村隆一

  富山大学理学部教授

楠井隆史

  富山県立大学短期大学部教授

○丁子哲治  

  富山工業高等専門学校校長補佐・教授

   

西川雅高

  独立行政法人国立環境研究所
  環境研究基盤技術ラボラトリー環境分析化学研究室長

藤吉秀昭

  財団法人日本環境衛生センター理事・環境工学部長

委員会欠席

川岸利征

  財団法人とやま環境財団専務理事

委員会欠席

藤田達司

  富山県環境問題懇談会代表幹事

○座長


3 開催日時 平成18年10月5日(木) 13時30分〜16時00分
4 開催場所 富山県民会館704号室  
5 評価対象
 研究課題評価は、原則として、センターが実施するすべての研究課題 (平成18年度は13課題)を対象としています。これらの中から、要領に定める評価区分に従い、評価対象課題を抽出しました。 平成18年度の評価対象課題は次のとおりです。

評価区分

研究課題 (研究期間)

事前評価

(1課題)

@「海洋環境評価のためのバイオモニタリング法の確立に関する研究」

中間評価

(1課題)

A「富山湾の水質汚濁メカニズムに関する研究−難分解性溶存有機物の挙動−」

事後評価

(2課題)

B「標高別黄砂成分等に関する研究」

C「ほう素化合物による大気汚染の測定技術及び除外技術等の開発」

追跡評価

(0課題)

 

6 評価方法
 各評価項目及び総合評価について3段階評価しました。総合評価では、 今後十分な研究成果が期待でき優先的に取り組む必要のある課題をA、 今後一定の研究成果が期待でき継続して取り組む必要がある課題をB、 今後の見通し等に問題があり中止を含めた抜本的な見直しが必要である課題をCと評価しました。

評価区分

評価項目

評価基準

事前評価

必要性
新規性・独創性
年次計画の適切性
実現の可能性
成果の活用性

a  極めて高い
  適切である

b  高い
  概ね適切である

c  低い
  改善の余地がある

総合評価

A 重要な研究課題であり
  優先的に取り組む必
  要がある

B 有用な研究課題であり
  出来る限り早期に
  取り組む必要がある

C  解決すべき問題等が
  あり、なお検討していく
  必要がある

中間評価

進捗度
期間の妥当性
経費の妥当性
実現の可能性

a  極めて高い
  適切である

b  高い
  概ね適切である

c  低い
  改善の余地がある

総合評価

A 今後十分な研究成果
  が期待でき、優先的に
  取り組む必要がある

B 有用な研究課題であ
  り、できる限り早期に
  取組む必要がある
 

C  解決すべき問題等が
  あり、なお検討していく
  必要がある

事後評価

目的の達成度
期間・経費の妥当性
成果の有益性
活用の可能性
成果の普及

a  極めて高い
  適切である

b  高い
  概ね適切である

c  低い
  改善の余地がある

総合評価

A 重要な研究課題であり
  優先的に取り組む必
  要がある

B 今後一定の研究成果
  が期待でき、継続して
  取組む必要がある

C  今後の見通し等に問
  題があり、中止を含め
  た抜本的な見直しが
  必要である

7 評価結果
 評価結果は、表のとおりで、総合評価で最も人数の多かった評価を委員会の判定としました。
 研究課題ごとの評価結果は、別添研究課題外部評価結果を参照下さい。

(評価結果一覧表)

課題番号

総合評価(人数)

判定

@

A

B

C

 その結果、

Aは
@ 海洋環境評価のためのバイオモニタリング法の確立に関する研究
B 標高別黄砂成分等に関する研究
C ほう素化合物による大気汚染の測定技術及び除外技術等の開発 の3課題。

Bは
A 富山湾の水質汚濁メカニズムに関する研究−難分解性溶存有機物の挙動−の1課題でした。

8 環境科学センターの対応
 @については、平成19年度から優先的に取組みます。また、Aについても、研究成果が得られるよう継続して取組みます。
 さらに、B及びCについては、十分な研究成果が得られたことから、その普及や活用に努めます。
 なお、各研究課題に対する意見については、効率的な研究の推進に活かすとともに、今後の研究計画に十分反映させていきます。

 
Copyright (C) 2006 Toyama prefectural Environmental Science Research Center . All Rights Reserved