富山県環境科学センター

業務紹介
研究内容
環境行事実績
環境改善活動
環境とやま
TESC・年報・所報
ビデオライブラリ
交通案内
リンク集
 
おすすめ情報
大気汚染緊急時情報
県内の光化学オキシダント注意報等の発令状況を表示します。

大気汚染速報
県内の大気汚染常時観測局26局から送られてくる最新の測定結果(速報値)を表示します。

環境放射線モニタリングシステム
県内の環境放射線データをリアルタイムに表示します。

そらまめ君(大気観測)
全国の大気汚染測定結果(速報値)と光化学オキシダント注意報等の発令情報の最新1週間のデータを地図でみることができます

はなこさん(花粉観測)
中部地域や関東、関西、中国・四国地域の花粉飛散状況を地図と表、グラフでみることができます。

ライダー(黄砂観測)
当センターの屋上に設置され、黄砂の飛来状況を自動観測している装置から発信されている観測データを見ることができます。

海のカレンダー(海洋観測)
人工衛星を使って海表面の水温や、海中の植物プランクトン(クロロフィルa)の観測結果を見ることができます。
 
地下水位常時監視データ
県内4ヶ所の観測井について、1時間毎の地下水位データ(速報値)をみることができます。
 
 
 


平成20年度富山県環境科学センター研究課題評価について

T 目的

 県の試験研究機関においては、「富山県試験研究機関研究評価の実施に係る指針」に基づき、平成16年度から研究課題評価制度を導入しており、客観的かつ透明な研究評価を行うことで、研究の効率化や研究開発等の活性化を図るとともに、社会的要請に基づく試験研究活動を行っています。

 環境科学センター(以下「センター」という。)では、本指針に従い、「富山県環境科学センター研究課題評価実施要領」(以下「要領」という。)を策定し、研究課題の評価に関し、必要な事項を検討・協議するため、研究課題内部評価委員会(以下「内部評価委員会」という。)を、また、外部からの専門的・客観的な意見を取り入れるため、研究 課題外部評価委員会(以下「外部評価委員会」という。)を開催しています。

 平成20年度に行った研究課題評価の概要及び評価結果は以下のとおりです。

U 研究課題評価の流れ

 研究課題評価は、原則として、センターが実施するすべての研究課題(平成20年度は 10課題)を対象としています。これらの中から、要領に定める評価区分に従い、評価対象課題を抽出しました。平成20年度の評価対象課題は次のとおりです。

事前評価…新たに設定しようとする研究課題について、実施の必要性等を評価

(3課題) @「地球温暖化の影響等に関する調査研究(U)」
  A「東アジア地域からの大気降下物に関する研究(U)」

 

B「冬期間における地下水位の変動に関する研究」

中間評価…研究期間が3年以上の研究課題について、研究の進捗状況等を評価

2課題)

C「海洋環境評価のためのバイオモニタリング法に関する研究」

 

D「富山県における循環型社会構築に関する研究」

事後評価…研究期間が終了した研究課題について、研究成果等を評価

(1課題)

E「富山湾の水質汚濁メカニズムに関する研究−難分解性溶存有機物の挙動−」

追跡評価…研究終了後、再度評価が必要とされた研究課題について、普及・活用等を評価

(1課題)

F「産業廃棄物最終処分場(管理型)の安定化に関する研究」

評価は、内部評価委員会及び外部評価委員会により、要領に定める方法で行いました。

(内部評価委員会)
研究課題評価に関して必要な事項を検討・協議する委員会。担当職員からのヒアリングや研究課題評価調書等に基づき研究課題を評価するとともに、外部評価委員会に諮る研究課題を決定します。

(外部評価委員会)
重要な研究課題について、評価の客観性・透明性を確保するべく、専門的・客観的な意見を聞くための委員会。県内外の大学、研究機関及び団体から専門的知識を有する方をセンター所長が選任し、委嘱しています。

 また、センターは、内部評価委員会及び外部評価委員会において示された評価結果に対して所要の対応策を検討するとともに、評価結果をセンターの年報やホームページで公開することになっています。

V 内部評価委員会

1 開催日時・場所
  日時:平成20年7月22日(火)9時30分から11時20分まで
  場所:環境科学センター3階会議室

2 評価方法
  評価方法は、評価区分ごとに定められた評価項目及び総合評価についてそれぞれ3段階評価とし、次の評価基準に従い評価を行いました。

評価区分

評 価 基 準

事前評価

必要性
新規性・独創性
年次計画の適切性
実現の可能性
成果の活用性

a

極めて高い
適切である

b

高い
概ね適切である

c

低い
改善の余地がある

総合評価

A

重要な研究課題であり、優先的に取組む必要がある

B

有用な研究課題であり、できる限り早期に取組む必要がある

C

解決すべき問題等があり、なお検討していく必要がある

中間評価

進捗度
期間の妥当性
経費の妥当性
実現の可能性

a

極めて高い
適切である

b

高い
概ね適切である

c

低い
改善の余地がある

総合評価

A

今後十分な研究成果が期待でき、優先的に取組む必要がある

B

今後一定の研究成果が期待でき、継続して取組む必要がある

C

今後の見通し等に問題があり、中止を含めた抜本的な見直しが必要である

事後評価

目的の達成度
期間・経費の妥当性
成果の有益性
活用の可能性
成果の普及

a

極めて高い
適切である

b

高い
概ね適切である

c

低い
改善の余地がある

総合評価

A

目的を達成し、十分な研究成果が得られている

B

目的を概ね達成し、一定の研究成果が得られている

C

目的の達成度が低く、十分な研究成果が得られていない

追跡評価 成果の活用状況
成果の普及状況
a 極めて高い
適切である
b 高い
概ね適切である
c 低い
改善の余地がある
総合評価 A 研究成果が十分に活用され、高い評価が得られている B 研究成果がある程度活用され、一定の評価が得られている C 研究成果が十分に活用されておらず、評価を得られていない

3 評価結果
  上記7課題について評価を行ったところ、その総合結果は次のとおりでした。

(事前評価)
@、A及びBについては、A 重要な研究課題であり、優先的に取組む必要がある。

(中間評価)
C及びDについては、A 今後十分な研究成果が期待でき、優先的に取組む必要がある。

(事後評価)
Eについては、B 目的を概ね達成し、一定の研究成果が得られている。

(追跡評価)
Fについては、A 研究成果が十分に活用され、高い評価が得られている。

 また、これら7課題のうち、重要な研究課題として、外部の専門家の意見を聞く必要があるとされた次の4課題について、外部評価委員会に諮ることとしました。

(事前評価)
@「地球温暖化の影響等に関する調査研究(U)」
A「東アジア地域からの大気降下物に関する研究(U)」
B「冬期間における地下水位の変動に関する研究」

(中間評価)
C「富山県における循環型社会構築に関する研究」

W 外部評価委員会

1 開催日時・場所
  日時:平成20年9月4日(木)9時30分から12時まで
  場所:富山県民会館705会議室

2 委員

委 員 名

役 職 等

備  考

尾畑 納子

富山国際大学地域学部 教授

 

川村 隆一

国立大学法人富山大学大学院理工学研究部 教授

 

楠井 隆史
富山県立大学短期大学部 教授  
○丁子 哲治
独立行政法人国立高等専門学校機構
富山工業高等専門学校 校長補佐・教授
 
西川 雅高
独立行政法人国立環境研究所
環境研究基盤技術ラボラトリー環境分析化学研究室 室長
 
藤吉 秀昭
財団法人日本環境衛生センター 常務理事  
池田 正人
富山県環境問題懇談会 代表幹事会社
日本曹達株式会社 高岡工場 RC推進部・工務部 部長
 

津田 伸也

財団法人とやま環境財団 専務理事  

○座長

3 評価方法
  評価方法は、内部評価委員会と同じ評価基準に従い評価を行いました。

4 評価結果
  評価結果は次のとおりで、総合評価で最も人数の多い評価を委員会の判定としました。 研究課題別の評価結果は、研究課題評価結果を参照してください。

研 究 課 題

総合評価(委員数)

A

B

C

@「地球温暖化の影響等に関する調査研究(U)」(事前評価) 7 1 0 A
A「東アジア地域からの大気降下物に関する研究(U)」(事前評価) 7 1 0 A

B「冬期間における地下水位の変動に関する研究」(事前評価)

8 0 0

A

C「富山県における循環型社会構築に関する研究」(中間評価) 5 3 0 A

X 環境科学センターの対応

 @、A及びBについては、平成21年度から優先的に取組みます。また、Cについても、 十分な研究成果が得られるよう優先して取組みます。
 なお、各研究課題に対する意見については、効率的な研究の推進に活かすとともに、 今後の研究計画に十分反映させていきます。

 
Copyright (C) 2006-2007 Toyama prefectural Environmental Science Research Center . All Rights Reserved