トップページへもどる
RECCAとは
地球温暖化とは
未来の気候予測とは
予測結果のみかた
研究成果
データをみる
地域別にみる
流域別でみる
動画でみる
現在を知る
すぐに使える資料
富山県の将来について
関連リンク
著作権
サイトマップ
 
 

>トップページ >知る・学ぶ:地球温暖化とは

地球温暖化とは

夏バテくん きときとレクチャー「地球温暖化とは」
地球温暖化って何のこと?
 大気中の温室効果ガス(二酸化炭素など)の濃度が増えることが原因で、地球の気温が上昇していく現象を「地球温暖化」と呼びます。このまま温室効果ガスの濃度が増え続けると、地球温暖化がもっと進むのではないかと心配されています。
どうして起きるの?
 地球は、大気の層に包まれていて、太陽光がその層を突き抜けて地面に届き、地表を暖めてくれます。その大気の層に含まれる温室効果ガスは、地表から宇宙に向かって出ていく熱をためる働きがあります。
 石油、石炭、天然ガスなどを燃やして電気やエネルギーを作り出したり、自動車などを動かしたりするときには、二酸化炭素が発生します。
 このうちの約半分は陸上の植物や海に吸収されますが、温室効果ガスが増えることで大気の層に残る割合も増えてきており、地球はだんだん暖まってしまいます。これが地球温暖化の原因です。
地球温暖化が進むとどうなるの?
 地球温暖化といっても、どこでも一様に気温が上がるわけではありません。地域ごとに見ると、例えば、海の上よりも陸の上の方が気温が上昇しやすく、特に北極に近い高緯度地方の冬に変化が大きいことがわかります。また、雨の降り方や降る場所が変わるために、洪水や干ばつなどの被害が今より多くなると予測されます。つまり、地球温暖化は、さまざまな形で将来の気候を変化させると考えられます。
 こうした気候の変化は、私たちのくらしにも影響を与えます。例えば、農作物のとれる量が減ったり、飲み水が不足したりする可能性があります。また、マラリアやデング熱などの伝染病を運ぶ蚊などが生息できる範囲が広がります。 さらに、海水温の上昇による膨張や、グリーンランドの氷や世界の氷河が融け出すことで、海抜の低い地域や島々が海に沈むなど、大きな被害が出ると予想されます。
もう温暖化は始まっているの?
 温暖化はすでに始まっていて、地球全体の平均気温は20世紀の100年間で0.7℃ほど上昇しています。そして、その大部分は人間が出した二酸化炭素のせいだと考えられています。
 ニュースや新聞で、最近の大雨や強い台風の発生、桜の開花時期の早まりなどが地球温暖化の影響ではないかと報じられることがあります。もっと詳しく調べる必要がありますが、地球温暖化がこのまま進めば、こうしたことが起きる可能性が高くなると考えられます。

参考サイト
(独)国立環境研究所 地球環境センター
http://www.cger.nies.go.jp/ja/ecoclub/document/kotokoto_panel.html