富山県環境科学センター

業務紹介
研究内容
環境行事実績
環境改善活動
環境とやま
TESC・年報・所報
ビデオライブラリ
交通案内
リンク集
 
おすすめ情報
大気汚染緊急時情報
県内の光化学オキシダント注意報等の発令状況を表示します。

大気汚染速報
県内の大気汚染常時観測局26局から送られてくる最新の測定結果(速報値)を表示します。

環境放射線モニタリングシステム
県内の環境放射線データをリアルタイムに表示します。

そらまめ君(大気観測)
全国の大気汚染測定結果(速報値)と光化学オキシダント注意報等の発令情報の最新1週間のデータを地図でみることができます

はなこさん(花粉観測)
中部地域や関東、関西、中国・四国地域の花粉飛散状況を地図と表、グラフでみることができます。

ライダー(黄砂観測)
当センターの屋上に設置され、黄砂の飛来状況を自動観測している装置から発信されている観測データを見ることができます。

海のカレンダー(海洋観測)
人工衛星を使って海表面の水温や、海中の植物プランクトン(クロロフィルa)の観測結果を見ることができます。
 
地下水位常時監視データ
県内4ヶ所の観測井について、1時間毎の地下水位データ(速報値)をみることができます。
 
 


「(社)日本水環境学会中部支部講演会」の開催について

(社)日本水環境学会中部支部(支部長:富山県立大学短期大学部楠井教授、 事務局:富山県環境科学センター)主催の講演会についてお知らせします。
今回の講演会では、「21世紀の水資源の新展開」をテーマとして、最近話題のバーチャルウォーター*や海洋深層水の海洋療法における 利用についてご研究の先生方をお招きし、その現状や今後の展望等についてご紹介していただきます。
*バーチャルウォーター:「仮想水」あるいは「間接水」。農産物や工業製品等の生産に要した水は、その産物の輸出入に伴って 売買されていると捉える時、その水を仮想水と呼びます。食料自給率の低い日本は豊かな水資源を誇りながらも食料輸入という形で 大量の仮想水を輸入しています。
                                         

                                         

                                         
日 時
平成19年7月27日(金)14:00から17:00まで 
場 所
パレブラン高志会館 カルチャーホール
(富山市千歳町1-3-1)詳細地図はパレブラン高志会館HPから
主 催
(社)日本水環境学会中部支部
内 容
テーマ「21世紀の水資源の新展開」

招待講演「地球をめぐる水 -バーチャルウォーター-」
鼎信次郎(東京大学生産技術研究所准教授)
(専門は水資源工学。工学博士。バーチャルウォーターに関する一連の研究と社会への普及活動により、2004年度土木学会環境賞を受賞。その他、業績多数。)

基調講演「海洋療法における海洋深層水利用 -静岡の現状を中心に-」
高木邦明(静岡県立大学薬学部准教授)
(専門は環境衛生学。医学博士。主要研究テーマは、海洋深層水中の溶存物質の分析と生理活性に関する研究の他、新規ストレスバイオマーカーの検索など。その他業績多数。)
参加費
無料
定 員
120名
申し込み
参加ご希望の方は、@氏名、A所属、B連絡先を記入し、「水環境学会中部支部講演会参加希望」とお書き添えの上、 ファックスまたは電子メールのいずれかで、お申し込みください。なお、申込された方の記載事項は、全て個人情報の保護に関する法律等に基づき 第三者へ漏れぬよう細心の注意を払って取扱します。(申込締切:7月20日(金))
ファックス送信:番号0766-56-1416 FAX送信様式はこちらから
メール送信  :こちらをクリックしてください。
その他
当館の駐車場をご利用の場合は、フロントでの確認により2時間無料となります。但し、駐車台数に限りがありますので、なるべく公共交通機関をご利用ください。
お問い合わせは、環境科学センター水質課(TEL:0766-56-2879、担当:本江)まで


「水環境セミナー」の開催について

当センターでは、先端技術等の積極的な取り組み及び研究開発能力の強化を図るために、高度の知識・技能を有する研究者を招聘し、 水環境セミナーを開催することにしました。多数の参加をお待ちしています。
                                         
日 時
平成19年7月30日(月) 14:00から16:00まで (受付は13:30から14:00まで)
場 所
環境科学センター3階講堂
演 題
『今後の日本の水環境行政の展開について』
講師
独立行政法人国立環境研究所 水土壌圏環境研究領域
領域長   木幡 邦男 氏
講師のプロフィール
講師は、昭和54年から国立公害研究所水質土壌環境部海洋環境研究室研究員として勤務され、 昭和63年同室主任研究員に、平成2年に国立環境研究所に改称され、地域環境研究グループ海域保全研究チーム主任研究員に、 平成8年には総合研究官に、また、平成13年には組織替えにより、独立行政法人国立環境研究所流域圏環境管理研究プロジェクト 海域環境管理研究チーム総合研究官に、平成17年からは水土壌圏環境研究領域、領域長に就任されておられます。
研究活動としては、海洋生態学、干潟・浅海域の保全、閉鎖性海域の富栄養化などに精力的に取り組んでおられ、 我が国の浅海域の富栄養化問題の第一人者としてご活躍されています。
一方、環境省の中央環境審議会水環境部会総量規制専門委員や中央環境審議会地球環境部会二酸化炭素海底下地層貯留に 関する専門委員の要職を務めておられ行政的にも多くの業績を残され、さらに(社)日本水環境学会、日本沿岸域学会など学会理事も 務めておられます。
また、富山県においては、富山湾の有機汚濁の解決に向けた富山湾水質保全研究会委員、富山湾共同環境調査検討委員、 さらに、富山県環境審議会水環境専門部会委員を務められ、その際には大所高所から指導、助言をいただき本県の環境保全に 多大な貢献をいただいております。
今回は、これらの活動を踏まえ「今後の日本の水環境行政の展開について」と題して講演をしていただきます。
申し込み
参加申込書に必要事項を記入し、ファックスもしくは郵送にてお申し込みください。
こちらをクリックして必要事項を記入して送信していただくことも可能です。
(タイトルは「水環境セミナー参加希望」としてください。)
申込期限は7月18日(木)とさせていただきます。
お問い合わせは、環境科学センター水質課(TEL:0766-56-2879、担当:池川)まで 

「夏休み子供科学研究室」の開催について

当センターでは、夏休みに小学校高学年の児童の皆さんに参加していただく科学研究室を開催します。 地球温暖化や黄砂、酸性雨、家庭から排出される水の汚れなど、身近な環境問題について化学実験などを通じて体験し、 環境への関心と理解を深めていただきます。是非、お早めにお申し込み下さい。
日 時
平成19年7月30日(月) 9:00から12:00まで
対 象
小学校4、5、6年生(なるべく保護者同伴でお願いします)
定 員
20名(先着順で締め切ります。 定員に達しましたので締め切りました。
料 金
無料
申し込み
メール送信先:こちらをクリックしてご利用下さい。
FAX(0766-56-1416)TEL(0766-56-2869)
郵便(939-0363 射水市中太閤山17-1 富山県環境科学センター大気課)でも受付しています。
担当:大気課 折谷 

平成18年度富山県環境科学センター研究成果発表会の開催について

当センターでは、県民の皆様に環境について関心を深めていただくとともに、当センターの活動内容をご理解いただくため、 毎年、研究成果発表会を開催しております。今回の成果発表では、より多くの方々に当センターの研究業務内容を知っていただくとともに、各般の視点からのご意見をいただきたく 思います。
つきましては、ご多忙中誠に恐縮に存じますが、多数のご参加を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

[研究成果発表会]
日 時
平成19年2月28日(水) 13:30から16:10まで
場 所
富山県民会館304号室(富山市新総曲輪4-18)
ご来場は、公共交通機関をご利用いただきますようお願い申し上げます。
内容
○ 基調講演 地球温暖化による自然環境・人間社会等への影響
          肱岡靖明(独立行政法人国立環境研究所 社会環境システム研究領域
                     統合評価研究室 主任研究員)
○研究成果発表
 1.環境科学センターの最近の取り組み:10分
 2.富山湾の水環境への取り組みについて:15分
 3.富山県における地球温暖化に関する調査研究:15分
 4.富山県における酸性雨調査:15分
 5.環日本海環境ウオッチシステムの活用(NPEC):15分
申込方法
参加申込は、環境科学センターへのお問合せフォーム(別ウィンドウで開きます。)に下記の必要事項を記入して送信して下さい。
記入項目
@氏名
Aメールアドレス
Bタイトルは「研究成果発表会申込」として下さい。
お問合せ内容の欄にはC住所D電話番号EFAX番号F職業など可能な範囲でご記入下さい。
※ご送信いただいた内容は研究成果発表会の開催・運営にあたる事務処理上の確認・諸連絡以外には使用しません。
   
申込締切日  2月14日(水)
その他
FAX(0766-56-1416)TEL(0766-56-2879)
郵便(939-0363 射水市中太閤山17-1 富山県環境科学センター水質課)でも受付しています。                                          担当:水質課 藤島

<基調講演者のプロフィール>

独立行政法人国立環境研究所 社会環境システム研究領域 統合評価研究室 
主任研究員  肱岡靖明 氏

講師は2001年4月に国立環境研究所社会環境システム研究領域環境計画研究室に入所され、 また、2006年4月からは統合評価研究室主任研究員として活躍されています。この間、地球温暖化の影響評価と対策効果プロジエクトの中の 影響・適応モデル研究チームの一員として気象変動に伴う環境的・社会的影響、これらの影響への適応可能性、 持続可能な発展との係わり等を評価するためのモデルの開発及びその適用に関する研究等で成果をあげておられ、 地球温暖化に関する研究の第一人者としてご活躍されています。
今回は、このような研究活動を踏まえ、「地球温暖化による自然環境・人間社会等への影響」と題して講演していただきます。

 

   

   

   

    

   

    

    
 
Copyright (C) 2006 Toyama prefectural Environmental Science Research Center . All Rights Reserved