富山県環境科学センター

業務紹介
研究内容
環境行事実績
環境改善活動
環境とやま
TESC・年報・所報
ビデオライブラリ
交通案内
リンク集
 
おすすめ情報
大気汚染緊急時情報
県内の光化学オキシダント注意報等の発令状況を表示します。

大気汚染速報
県内の大気汚染常時観測局26局から送られてくる最新の測定結果(速報値)を表示します。

環境放射線モニタリングシステム
県内の環境放射線データをリアルタイムに表示します。

そらまめ君(大気観測)
全国の大気汚染測定結果(速報値)と光化学オキシダント注意報等の発令情報の最新1週間のデータを地図でみることができます

はなこさん(花粉観測)
中部地域や関東、関西、中国・四国地域の花粉飛散状況を地図と表、グラフでみることができます。

ライダー(黄砂観測)
当センターの屋上に設置され、黄砂の飛来状況を自動観測している装置から発信されている観測データを見ることができます。

海のカレンダー(海洋観測)
人工衛星を使って海表面の水温や、海中の植物プランクトン(クロロフィルa)の観測結果を見ることができます。
 
地下水位常時監視データ
県内4ヶ所の観測井について、1時間毎の地下水位データ(速報値)をみることができます。
 
 
 
○水環境セミナーを開催しました。

日 時
平成22年3月9日(火) 13:30〜15:00
参加者
55名
場 所
環境科学センター 3階講堂

 近年、環境水中の汚染物質を総合的に捉える方法として、様々な生物種の生死・運動・発光などを指標としたバイオアッセイ・バイオモニタリングが注目されており、環境省においても、新たな水質環境指標として「生物応答を利用したWET手法」について検討を進めているところです。

  こうしたことから、バイオアッセイ・バイオモニタリングの研究を進められている富山大学大学院理工学研究部の中村省吾教授をお招きして、「富山県下の環境を見・守る生物たちを探して」と題してご講演をいただきました。

講演では、富山湾をフィールドとして、単細胞緑藻・ウニ・イガイを用いて重金属が生物に及ぼす影響の評価手法と解析、富山湾沿岸及び県内河川におけるバクテリア群集構造の解析など様々な研究成果についてお話いただきました。

  今後も皆様の関心のあるテーマについて客員研究員をお招きしてご講演いただくとともに、当センターの調査研究に活かしていきます。


中村教授による講演

講演の様子


 

環境セミナーの開催について

 環境科学センターでは、先端技術等の積極的な取り組み及び研究開発能力の強化を図るため、高度の知識・技能を有する研究者を招へいし、環境セミナーを開催しています。今回は、地下水資源利用の最新動向について紹介いたします。
多数のご参加を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

1.

日時

 

平成21年8月20日(木) 午前9:30 〜 11:30

2. 場所
 

富山県環境科学センター3階講堂

3.  内容
 

別紙「環境セミナー(案内) 環境セミナー開催について(案内)」のとおり

4.

申込方法

 

Eメール、ファックス又は郵送のいずれかでお申し込みください。

【Eメール】こちらをクリックしてご利用ください。

件名を「環境セミナー」とし、@名前、A所属、B住所、C連絡先(電話番号、E-mail)を記入しお申し込みください。

【ファックス又は郵送】

環境セミナー(案内)環境セミナー開催について(案内)」の裏面の参加申込書に必要事項を記入し、ファックスもしくは郵送にてお申し込みください。

FAX 0766-56-1416
〒939-0363 射水市中太閤山17-1
富山県環境科学センター 生活環境課あて

5.

申込締切

  平成21年8月14日(金)
申し込み多数の場合は、先着順とさせていただきます。
6.

問合せ先

 

富山県環境科学センター 生活環境課
TEL 0766-56-2892

 


 

「夏休み子供科学研究室」の開催について (申し込みは締め切りました)

 当センターでは、夏休みに小学校高学年の皆さんに参加していただく科学研究室を開催します。 地球温暖化や酸性雨、家庭から排出される水の汚れなど、身近な環境問題について化学実験などを通じて体験し、 環境への関心と理解を深めていただきます。お早めにお申し込み下さい。

日時

  平成21年7月28日(火) 9:00から12:00まで

開催場所
  富山県環境科学センター

3  対象
  小学校4、5、6年生(なるべく保護者同伴でお願いします)

定 員

  20名

料 金

  無料

申し込み

  Eメール、FAX又は郵便に、@住所、A名前、B学校名・学年、C電話番号を記入のうえ、「夏休み子供科学研究室参加希望」とお書添え下さい。先着順に受け付けます。

 

《申込先》

 
メールによるお申し込み: こちらをクリックしてご利用下さい。
FAXによるお申し込み: FAX番号 0766-56-1416
郵便によるお申し込み: 〒939-0363 射水市中太閤山17-1 富山県環境科学センター大気課 近藤 まで
7 

応募締切

  平成21年7月17日(金)

その他・注意事項

  筆記用具、内履きズックを持参してください。

問い合わせ先
  電話番号 0766-56-2869 大気課 近藤

「水環境保全講演会」を開催しました。

日本海で起きたナホトカ号タンカ−重油流出事故に関する現場での微生物分解実証試験や東京湾における雨天時の水質汚濁の状況などを中心に「国立環境研究所における沿岸環境調査」と題してご講演いただきました。                 

日 時
 平成21年2月19日(木) 14:00から15:30まで
場 所
 富山県環境科学センター 3階講堂
 (出席者:工場事業場、大学関係者、市役所、県庁他  65名)
内容(資料ここをクリック)
     <国立環境研究所における沿岸環境調査>
          独立行政法人国立環境研究所  水土壌圏環境研究領域
          海洋環境研究室 主任研究員  牧 秀明 氏


「水環境保全講演会」の開催について (終了しました)
環境科学センターでは、下記のとおり水環境保全講演会を開催いたします。
多数のご参加を賜りますようよろしくお願いいたします。

日 時
   平成21年2月19日(木) 14:00から15:30まで
   
場 所
   富山県環境科学センター 3階講堂
   
プログラム
   受 付    13:30 〜 14:00
   講演会   14:00 〜 15:30
          <国立環境研究所における沿岸環境調査>
独立行政法人国立環境研究所  水土壌圏環境研究領域
主任研究員  牧 秀明 氏

 <講師のプロフィール>
講師は、平成10年に国立公害研究所水質土壌環境部海洋環境研究室研究員として入所され、海洋や沿岸における水質分析や環境微生物学の研究分野で活躍されています。
研究活動としては、ナホトカ号などのタンカー事故等に起因する海洋流出油を微生物に分解・除去させる、いわゆるバイオレメディエーションの環境試験を、日本海、太平洋、オホーツク海の各沿岸部において実施され、様々な知見を得ておられます。
また、最近は東京湾奥部を対象に、合流式下水道越流水の影響も含めた出水時の付加把握や、貧酸素水塊発生要因などについて研究されています。
一方、環境省の海洋環境モニタリング調査検討会委員や油処理剤等環境影響に関する調査の検討委員などの要職も務められています。
さらに、国立環境研究所と地方環境研究所とが共同で研究を行うC型研究「地球温暖化がもたらす日本沿岸域の水質変化とその適応策に関する研究」を牧先生が中心になり今年度から開始されたところです。
今回は、これらの活動を踏まえ、「国立環境研究所における沿岸環境調査」と題してご講演をしていただきます。

4 申込方法について

【申込方法】
参加申込書(ここに)必要事項を記入し、ファックス、郵送で送付してください。
または、富山県環境科学センターホームページの、お問い合わせフォーム(こちら)にタイトルを「水環境保全講演会参加申込」として、同様な必要事項(氏名、所属、郵便番号、住所、連絡先電話番号等)を記入してお申込ください。

<申込先> 〒939−0363  富山県射水市中太閤山17−1
富山県環境科学センター  担当:水質課  池川 誠司
TEL:0766−56−2879    FAX:0766−56−1416

<締切日> 平成21年2月10日(火)

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
Copyright (C) 2006 Toyama prefectural Environmental Science Research Center . All Rights Reserved